消毒が パア。

朝から
夏野菜の間引きをして
取り置きのワラを敷いてやる。
もう、夏草が芽を出しているので、まずそれを取ってから。

よく見ると、
夏草に混じって
トマトや、キューリが芽を出している。
昨年取りきれなかった種が、芽を出したらしい。

ことしは夏野菜の苗を買うのを控えていたので
用意した畝が余っている。  そこに移植する。

こうして
マルチが済んだら、支柱をする積りだったが
尾崎に行ってみた。
見ると、梨の元気がない。
よくよく見ると、
一番活き活きしなければならない新芽が黒くなりかけている。

これは大変、と
農協に行って消毒薬を買ってきた。
夕方の方が良かろうと
3時から撒布を始めたら、これが裏目に出た。

撒布が終わると
同時に、雨が落ちてきたが、
すぐに止んで、帰った時には薄日が差していたので
もう大丈夫、と踏んで
家の周りの消毒に取りかかった。

済んだら5時前で、
風呂を沸かして入っていると、
変な音がする。
出て見ると、何とザーザー降りで、

せっかくの消毒が
みんな流されてしまった。

尾崎の分は大丈夫だろうが
家の周りはやり直し、  の羽目に。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

武蔵さん、こんばんは。

折角消毒したのに水の泡でしたね。

此方は雨を待っているのですが・・・

家庭菜園をしてる人は毎日朝晩焼酎の4L
ペットボトル水を入れ植えた野菜に与えています。
検索フォーム
プロフィール

Author:松本直美
定年後、岡山・美作で農業を始めて18年。
米作りだけでなく、野菜や花、
果樹、造園についても書いていきます。
造園技能士一級の資格を持っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる