ラッキョウの草引き

今日もいい天気。
風もな静かな日で、見事な五月晴れ。

爽やかな気分で
畑を見ると、あ~あ、ラッキョの畝が見事な草になっている、
そこで今日の仕事はこの草退治。

冬になるとすぐに
ラッキョの畝全体を養生していたので
草もあんまり生えないだろう、と
たかをくくっていたら、なんの何の、見事に草だらけで
ラッキョウの姿も見えない。

タマネギとニンニクは
そんなに草になってないところを見ると、
原因はこちらにあるわけで

取りかかってみると
大変なことが分かった。
生えている草は、主にハコベで
これがラッキョウの茎の間から出ていて

うかつに抜くと
ラッキョウも一緒に抜いてしまう。
それを避けていると
大いに手間がかかって

昼迄と思っていたのに
1日仕事になってしまったが、

いい陽気のなかで
ラッキョウの処置が済んで、あーよかった。


  

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
プロフィール

Author:松本直美
定年後、岡山・美作で農業を始めて18年。
米作りだけでなく、野菜や花、
果樹、造園についても書いていきます。
造園技能士一級の資格を持っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる