期日前投票に行く

天気は
今にも降りそうな空模様、
だが落ちてはいない。

尾崎の里芋の草取りに行った。
里芋が隠れるほど草になっている。
少しずつ施肥をして、中起こししながら引いていく。

3/2くらい終わったところで
雨が落ちてきた。
それでも頑張ってどうにか終わらせたが

予報はこれから大雨、
と言うので
参院の期日前投票に姫路に行くことにした。

鳥取道の大原から佐用までが通行止めだったので
一般道を走った。
以前は毎回通った道なのに、やけに遠く感じる。

やっとこさ、姫路について一休み。
撮り置いてくれた映画(釣りバカ日誌)をみてから投票に行く。
場所はイトーヨーカドー広畑店の2F。

投票は、あっけなく終わったが
日本が二度と戦争に向かわない政治をして欲しい、
と切実に思う。

戦争というもの、
始める前は勇ましく言い立てるが、
始まったら、みんなが惨めになるのは自明の理、なのだから。

またまた草刈り

前回、家の周囲の草を刈ったのは
40日近く前になる。
ところが、もう鬱陶しくなった。

今朝、一番に刈り始める。

刈り始めると
わりとスムーズに進んで2時間ほどで終わった。

後、気になるのは
畑の一角の(薮枯らし)の密集で、
そこを鍬で起こしては、根っこを掘り起こす。
こうして
一日に、ひと畝かふた畝、掘り起こしていく。

普通の草なら
草刈機で耕せば済むが
薮枯らしの場合、
根っこが深く蔓延っているので、鍬で起こさないといけない。

いっぺんにすると疲れるので
毎日少しずつ進めている。
今で半分くらい済んだ。

昼からは尾崎に行って、
田んぼや果樹や野菜を一通り見回った。

尾崎の小芋も
また草になっている。
明日は、ここの手入れをしよう。

人殺し予算

今日、テレビをみていたら

共産党の議員が
防衛費について人殺し予算と言った、と報じていた。

私はコレを見て
それで何所が違うのか、と思った。

なるほど、
近頃日本を天災が襲う度に
自衛隊が出動して救済に当たる、

しかし、そのことは別の話で
もともと自衛隊は、戦争をするために作られた組織。
それに使うお金は、と言う話。

しかし、今、沢山の人が自衛隊で生活している。
一辺になくすことは出来ない。

憲法が出来た時
国を守ることが出来ないのではないか、
と反対したのは
共産党ではなかったか。
しかし
曲がりなりにも、国を守ることは出来るようにはナった。

憲法が
今の状況に合わない、
と言うこと自体がおかしな話で、 

憲法に合わせるのが
政治だと思う。

こちとら、田舎の爺さんは、
防衛費に莫大な金を注ぎ込むより
少しでもいいから生活を支える方面に使って欲しい、
と、心底思ってしまうが。

今日は庭仕事

今日は
姫路の御着での仕事。

剪定ではなくて
会社の建物の周りの草木の取り除き作業。

行って見ると
なるほど茂っている。
しかも狭い。

会社の建物は大きく
その上曲がっているので、歩きにくい。
しかし仕事、やるしかない。

裏にある入り口から少しずつ運び出す。
昼までに6割方終わった。

昼からは、残りを進めていく。
広い駐車場が満杯で、常に出入りがあって
久し振りに人の活気に触れた思い。
次々に訪れては去っていく、の繰り返し。

車の流れを見ていると
これが
全体の動きを支配している活気だと分かる。
ここ大原ではとても感じられないもので、元気を貰った。

ただ、ずーっとこの喧騒では
身が持たない、、、   難しいものだ。

大草引き ひとまず終了

今日は
梅雨の中休みで天気がいい。

朝一番に大根の種を蒔く。
続けて
昨日の残りの大草引きをした。

上が茂っているので
陽射しが強くない。
少し風でも吹けば
気持ちがよくなぅて、そのまま眠ってしまいたくなる。

もう少しで終わりになった時
役所の昼のチャイムが鳴った。



草取り直美



そのまま草引きを続けて
ちょうど終わった時、突然 神さんがやってきた。



万歳直美
        白いのはガレージの屋根で、景観は↓。


私が心配で仕方がないらしい。
あれこれ世話をやいて
夕方、帰っていったようだ。

私は、しもの果樹園がまあキレイになったので
ホッとしてしまい、
今日の予定はおーわり、で
休息に入った。

気がついたら、神サンは帰っていた。

夏大根の二度蒔き

春先に蒔いた夏大根を
今、食べている。
暑い時に摺って食べると、清涼感があってとても美味しい。

ただ、もう暫らくすると
硬くなってまずくなる。
そこで今日は、夏大根の二回目を蒔く。

蒔き床には
薮枯らしの根が蔓延って
ガンジキで鋤くわけに行かないので
長い畝ではないが、鍬で掘り起こす。

ヤブカラシは
深く根付いているので
ソコソコ取り除きながら畝を作った。
今蒔いておけば
秋大根までのつなぎになる。

今からの大根は、
蝶々にやられることが多いが
何とか対処してつなぎたいと思う。

大草との闘い ①

家のしもの果樹畑が
草に覆われて
果樹がどれか、というくらいの繁茂状態で

果樹は、といえば
皆落ちてしまって、木には留まっていない。
原因は解らないが
実がシワシワになって落ちてしまったようだ。

唯一、ブドウだけ実が生っている。



ブドウ①



ナシも桃も、みんな落ちてしまった。
それでも下は草だらけ、

今日は雨の予報。
空はどんよりとして今にも降りそうだが
降ってはいない。

昼までかかって
この大草と奮闘する。



サンブラス
  これでまあ、大体刈れたかな、  右は動物脅しのマネキン。


やっと
周りの3/2くらいが引けた。

昼はゆっくり休んでから
残りの半分ほどを済ました。
しかし、まだ中と縁が少し残った。

この大草引き、
上に果実が生っていればまだ精も出るが、
ただ大草の繁茂だけでは
徒労のようで、  何ともしんどい。

だが、来年の事を思えば
荒れさせておくわけにはいかない、  残りは後日。

サツマイモの植え増し

40日ほど前
サツマイモの苗を25本植えた。

その時、水を掛けただけで
直ぐ入院してしまったので、気になりながら
どうすることも出来なかった。

が、案じたこともなく
みんな根を出して、少しずつ大きくなっている。
植え床は
果樹園の畦際を耕して作った。

まだ50本ほど植えられる。

そこで今日は
伸びたものを切って苗を作り、植え足した。
苗は11本取れた。

次が伸びてきたら
又植えることにする。

植え終わった頃、雨が降り出し水やりしなくて済んだ。

近頃サツマイモは
植え付け時期が早くなった。
私の子供の頃は
7月の中頃まで植えていたと思うので

次に植えてもまだ間に合う。

しかし、結果として
美味しいふかし芋が山のようにできたら困る。

でも
植えたいなあ、、、  困ってしまう。

ある感慨

田植えをしてから
ひと月が経った。
稲は順調に育っている。

畦草も伸びて
鬱陶しくなって来たので、畦の草刈りをする。

草刈機の切れが悪い。
作業を中止してコメリに買いに行った。
新しい刃は気持ちよく切れて、半分の予定が全部刈れた。

これで、後ひと月は楽勝!

全部済ませて家に帰ったら、四時を回っていた。
やり遂げた感100%で、
何もする気がせず、食料調達のためにアイに行ったら、

「松本さん、」
振り向くと、少し離れた南隣の明石先生、
「ちいとま姿が見えなんだけど、どないしとんなった」

手短かに状況を話したが、
自分にとっては天下の一大事だった顛末が、

聞く側にすると
そんなものだろうなあ、
と普段では思わない感慨がよぎる。

アイを出ると
周りの山々は、何事も無かったように緑が深くなっている。

身体は
毎日の慣らし作業のお陰か
軽く感じられるが
さあドコまでやれるだろう、 

張り切って、ボツボツ、、、   。

里芋を植える

家の畑が、
また草になってきた。

かみの隅にも
一群れバラを植えているが、花も一段落。

その横に植えていた堀り残しのサトイモが
大きく葉を拡げてきた。
このままにすると
モノにならないので、植えかえる。

植え床は
昨年のミゾにあたる所で、全部で15個くらい植えた。
まだまだ種芋は沢山あったが
あとは肥やしにするため処分、

これで畑の隅がきれいになった。

あとは、花の終わったバラの、
つけている種を取り除いていく。

暫らくすると、新しい芽が出て
又、美しい花をつけてくれる。

通年、バラは
今からこれを繰り返して
秋まで花が楽しめるように頑張っている。

紫陽花、見物

昼、畑から帰ったら
神さんが来ていた。

私の様子が心配できたらしい。
食事を済ませて
一休みしていると、
紫陽花を見に行こうと言う。

南に20キロほど下ったら
宮本武蔵ゆかりの『大聖寺』と言うお寺に
沢山の紫陽花が植えられていて

毎年(紫陽花祭り)が行われる。

以前テレビで、
今日から紫陽花祭りをやってます、と言うので
かみさんと行ったら

時期が早かったのか
花は咲いてなくて一回りして帰ったことがある。

国道からだいぶ入るが
今回は時期も遅く
さぞかし綺麗に咲き誇っているだろうと
進んでいくと

路の周りに植えてある紫陽花が
きれいに咲いている。



紫陽花




紫陽花ピンク



暫らくして、お寺に着くと、
駐車場のおじさんが少ししか咲いてない、と言う。
仕方がないので引き返した。   残念!

路の傍には
きれいに咲いているのに!



紫陽花青



お寺はだいぶ石段を上るから
咲きが遅いのだろうか。

果樹園の草引き

朝から良い天気。

尾崎の果樹園に行く。
思った以上に草が伸びている。
だが、一度引いているので引き易い。

四本植えているリンゴが
一本だけ実をつけている。
昨年も同じ木が30個ほど実をつけて
袋賭けまでしたが

収穫前に、全部カラスにやられて一個も食べられなかった。
今年は20個ほど留まっている。
今年はどうかな、
またカラスのエサ作りになるかも。

ここの草引き、
上は木の葉で被われているので
お日様は差さない。

時折り吹く風が
快い。

引いた草の上に腰を下ろして休む時など
最高に気持ちがいい。
つくづく、   幸せ! だと思う。

ネギの植えつけ

三月に蒔いたネギの苗が
今、植え頃になった。

私は、種は自分で採るので
ふんだんにあり、
どうしても厚蒔きになる。

今年も厚蒔きのきらいはあるが
蒔き床の周りには良い苗ができている。

白葱をひと畝と、
日々使いのためにプランターに一箱、植えてみた。

ネギは日照りには強いが
草などの陰になると
カラッキシ弱くて、いつの間にか消えてしまう。

つまり
何時も手を入れてやることが大事で
その手入れが
今からのふた月間で、

そうすれば
鍋に最高の
あの、甘くて美味しいネギが食べられる。

一日中 雨

朝から雨、
うんざりする。

それでも朝のうちは
草刈機の刃を研いだりして時間をつぶしたが
それもすぐに済んでしまって
アトはごろごろ。

雨の中を
傘を差して満開のバラの花を愛でに
出たり入ったり。

昼からはマッサージチェアーで
コリをほぐしているうちに、いつもの如く寝てしまい、

気がついたら4時で、
慌てて買い物に行き夕食の支度、
夕食の後はテレビ観戦して一日が終わった。

病のせいでもあるまいが
本を読んでも集中力が続かず、読みきれない。
つまるところは
ベッドの上で、じっと過ごすことになる。

幸いなことに
明日は雨は降らない予報。
これを信じて明日を待つ。

キリギリス生活

先般の入院中、
上の酒井さんが
きれいに草を引いてくださった花壇が
また草になってきた。

今朝、姫路から剪定枝を持ち帰った後、
この花壇の草引きをする。

何とか一通り済ませて
後は、キューリの種を播こうと思っていたら
昨年、畑に落ちた種が芽を出していたので、それを使う。

種まきは、半月遅れでする。

今回の病気で懲りたので、
少し痩せなければ、と
キリギリスもどきの生活を心がけている。
その為には
キューリを何回かに分けて播いて、秋まで食べ続ける算段で、
畑もその準備をしている。

タンパク質と油は摂りながら、
お米で出来た水分も摂り、
甘いものも摂る、という
キリギリス生活には程遠い、この生活、顛末はいかになるやら。

剪定の初仕事

今年の
剪定の初仕事が今日。

姫路駅南の会社の庭。
ここに大きな桜の木がある。

この木、秋に葉っぱが落ちるので
枯れない程度に伐って欲しい、との要望、

だが、花だけは見て葉っぱは要らない、
とは全くの身勝手、

とは言っても、
私たちはお客さまあっての仕事なので
伐った。

そこそこ伐って見て貰うと、、、もっと伐って欲しいとのこと。

これ以上伐ると枯れますよ、と言うと
それでもいい、と言う返事。

そこで再び伐りこんだ。
確かにすっきりして明るくなった。
いつもは三時過ぎに終わる仕事が、

今回は切り枝が沢山出て
明日も、取りに行かなければならなくなった。
まあ、これも流れの中のひとコマ、、、

みんなが心配して下さる私の身体は
思ったより順調で、快適に仕事ができた。

さあ、明日も続きがある!

桃の袋かけ

果樹園の桃、

三本ある内の一本に沢山実がなって
ピンポン玉ほどのものが鈴なりで、

すでに虫に食べられたものや
病気になっているものもある。

摘果が遅れたので
通年に比べると惨めな状態になっているが、
少しずつ摘果していく。

そうして残したものに、
次は、虫に食べられないよう袋掛けをする。

下草を引きながらの仕事なので
なかなか捗らない。
我慢して進めていく。

今日は、一時間ほどで雨が落ちてきた。

仕方がないので引き上げたが、
それでも、帰る前に
イチジクの葉っぱに止まっているカミキリムシを四匹ゲット。

イチジクの回りは
今年は草を引いているので歩き易く
カミキリムシの駆除が楽に出来た。

いちじく、
まだ実はなっていないが、さて今年の収穫はどうだろう。

草まみれの里芋

尾崎の畑の
先に植えた里芋が草に覆われている。

葉は五枚くらい展開しているのに
道から見たら
どこにあるのかも分からない。

作業を変更して草取りをする。
肥料を撒いて
中耕しながらの仕事。

時間はかかるが
手を抜くわけにはいかない。
あまり広くもないのに、昼までかかった。

今日は日差しが強くて
昼までの仕事でも疲れたので

昼からはお休みして、家に入った。

しなければならないことが沢山あるのに
それを尻目に休むのは
贅沢な感じがして落ち着かないが、、、

今の私の状況では
その贅沢を享受したい。

油虫がいっぱい

イチジクの草引きが終わって
次のブルーベリーに移った。
見ると、
ブルーベリーの実が色づいている。

摘まんで食べてみると
結構いける。
そんなに旨いものではないが、10個ほど食べた。

次が桃の下、
見ると、新芽に油虫がいっぱい。
これは草引きどころではない!
早く消毒をしてやらないと!

ちょうど昼になったので、
昼からは急きょ
消毒の薬剤散布に切り替えた。
思いのほか、ひどくやられている。

桃の実も、ピンポン玉くらいになっているし
このあとは、早く摘果と袋かけをしてやらないと、、、

焦る気持ちを、
(順番、順番、、、)と
自分に言い聞かせて戻った。

長女が来る

サツマイモの草引きは
昨日終わらせたが

続きの果樹の下が
またぞろ、草になっている。 

今日の天気は昼から雨、の予報なので
昼までにできるだけやりたい。
サツマイモに施肥をして
軽く耕し、それから果樹の草引きをする。

これも、リハビリ。

とりあえず、イチジクと
小さい方の梨の下を引いていく。
それが済んだところで、昼になった。

昼を食べていると、カミさんがやってきた。
山口にいる長女が、
父さんが心配で、と来てくれたので連れてきた、と言う。
嬉しかった。

そのころから予報どおり
雨が落ちてきた。

長女とかみさんは
三時間ほど居て、姫路に帰り、

又、ここは元の静けさに戻った。

バラが咲きだした

いっとき淋しかった家の周りが
賑やかになってきた。



バラ満開



待望のバラが
咲きだしたから。



白バラ



ピンクのバラ



色は、白とピンク、 真っ赤、少し薄い赤、の4種で
見事に咲き揃ってくれた。

横に花菖蒲が咲いて



花菖蒲満開



その横にさつきが咲いて彩を添えている。



さつき



これらの花の競演が終わったら
本格的な夏が来る。

私も、おかげさまで
何の障害も残らず、
かえって身体が軽く感じられるように思う。

里山、 ほんとに心安らぐいい処です。

サツマイモの草引き

病に倒れる前、
アグロでサツマイモの苗を売っていたので
買って植えた。

その時、水をかけただけで
入院してしまった。
以来そのまま。

根付かないのでは、と危惧したが
全部根付いた。

今、新芽が出だした処で
これから伸びてくれるだろうが、

今、その新芽が見えないほど
草が生えている。
今日は、朝からその草引きをした。

周りの草も引いていると
25本ばかりなのに、昼過ぎまでかかった。
でも、きれいになったのを見ると気分が清々して、ホッとする。

サツマイモのツルは
伸びると、節々から根を出すが
それをそのままにしておくと、サツマイモができない。

対策としては
マルチを張って根っこが土の中に入らないようにしたり、
ツル返しをしたりする。
それが、これからの仕事。

何もかも(待った無し)。

無理しないで頑張るが、
これで倒れたら、   まさに笑い者になる。

ラッキョウの収穫

今日は朝から
梅雨とは思えない良い天気。

昨日から待ちかねていた
ラッキョの収穫をする。

掘り上げていくと、大きさもちょうどいい。
それからショウヤク、これに手間がかかる。

始めは畑でしていたが
暑くなってきたので、車庫に移ってやる。

一つ一つショウヤクしていると
電動車で通りかかった阿方(→字)のおばあさんが
「ネッチョな仕事をしとんなるな」
と話しかけてこられた。

私は、この(ネッチョ)という言葉がわからない。
分からないながらに、お相手をした。
その方が帰られてから、
通りがかりの人に聞いてみたら、

「それは(細かい仕事)をしているな、ということや」と教えてもらった。

そんなことがありながら
昼抜きで、2時に終わることができた。   よかった!

ラッキョは全部で七キロ、
今年も沢山収穫できた。

梅雨の一日

朝、田の水を見に行った時は
まだ雨は降っていなかった。

朝食をすませ
外に出てみると降り始めた。

ラッキョの収穫をする心算が
できなくなった。
今日は曇りのつもりで段取りをしていたのに、、、
これはこちらの勝手な予定。   

雨が止むのを待ち構えていたが、なかなかの本降り。
仕方なくフロを沸かして
その後はうつらうつら。

夕方雨が止んだので
温室に入ると
挿し木の菊が日照不足でひょろひょろ。

それを外に出して
今日は終わり。
明日は好天になるはずだ。

花菖蒲が咲き始める

花菖蒲を
ひと畝植えている。



花しょうぶ①



以前は色数があったが、
少しずつ消えて少なくなってしまった。
それでも
この時期が来ると
花をつけて楽しませてくれる。

今年もその花が開きだした。



hanasyoubu.jpg



いつものことながら、この花を見ると
梅雨のシトシト降る雨の中で
ひっそりと咲いているさまがゆかしく感じられて心が和む。

又、横のバラも少しずつ開き始めた。
よそではもう
盛んに咲いているバラだが
私のところではやっと今から。

暑い夏も、もうすぐ。

玉ねぎの収穫

玉ねぎが
収穫j時期を迎えている。
というより、収穫時期を過ぎている。

今日は、昼から雨の予報だが
降りそうもないので収穫する。

玉ねぎの畝には青ジソが生えて、玉ねぎが隠れている。
青ジソが不要なら
そのまま玉ねぎと一緒に引けば世話はない。が、

青ジソは
秋に実を採って佃煮にしたいので
置いておきたい。

かき分けて引いていく。
ちょっと手間だが仕方がない。

玉ねぎは
引き抜いて少しお日様に当てたら
括って軒先につるせば終わり。
これでまた、一年間自作の玉ねぎが食べられる。

梅雨4日目

今日は、梅雨入りして4日目。
朝からシトシトと降り続いている。

病み上がりの身体を休めるにはいいが
これも続くと
逆にイライラが高じてくる。

病み上がりが心配、と
泊まっているかみさんが
昼過ぎに
「雨が止んだよ」と言ってくれた。

作業着に着替えて
外に出る。
まず、気分がセイセイする。
飛んだり跳ねたりしたい気分だが、まだ身体がついていかない。

今日は、昨日の続きの里芋を植える。
それが済むと
伸びすぎになっているトウモロコシの植え付け、

そのころから
またぞろ雨が落ちてきた。
植えた里芋やトウモロコシに水やりもせず
中に入った。

シャワーを浴びたらお休みモード、、、
今日も無事に1日が終わった。

里芋の植えつけ

取り置いていた里芋が
芽を出して大きくなっている。
3枚くらい、芽が出ているのもある。

尾崎には
もういくらか植えていたが
家の近くにも植えておきたいので頑張った。

15株植えてみたが
もうそれくらい植えたい。
が、それは明日。

苗を立てていたトウモロコシが
伸びているので
これも植える。
トウモロコシも、前に植えた分は
もう雄花が出かけている。

半月留守にしているうちに
何もかもが育って
思惑通りにいかず、戸惑うばかり。

執れていた葬式

退院してみると
ポストに訃報の知らせが入っていた。

上隣の浅倉さん。
この人とは、
以前に、田の堺のことでひと揉めした事がある。
話は、こうである。

家(浅倉)の田に、うちの敷地の堺が入り込んでいる、
と突然言い出して、誰が何を言っても聞かない。
私にしたら.寝耳に水、
何のことやら端から分からない。

それなら、と
とにかく役所に頼んで測量してもらった。
何のことはない当然今まで通り。

それでも、納得がいかない、
と意気巻いていたが
誰も相手にしなくなり、おじゃんになった。

そのおじいさんが亡くなった。
常会なので
昨日(5日)は通夜、今(6日)日は葬式にかかった。

私には
いまだに、何で堺のことを持ち出したのか解らないが、
きっとイチャモンがつけたかったのだろう。

身体ならし

今朝起きると
身体はすっかり良くなった感じがするが
しかし、自分でも
動きはまだまだ怠慢に思われる。

朝食の後、
身体ならしに草を引いてみる。
やはり、細かい動きができないように感じる。

先日、便利かな、と思って
買いおいていた腰掛を持ち出して
ぼちぼちと行う。

温室の周りに草が茂っていて
それを抜くのだが、
ちょっとしたことに時間がかかる。
これもリハビリだ、と思って辛抱強くやっていく。



退院2日目のお父さん。



普通なら
1時間ほどで済むところが
昼になってしまった。



退院二日目



昼からは、お休みの時間。
草はもう少し残っているがまた明日。

今日はこれにて作業終了!

検索フォーム
プロフィール

Author:松本直美
定年後、岡山・美作で農業を始めて18年。
米作りだけでなく、野菜や花、
果樹、造園についても書いていきます。
造園技能士一級の資格を持っています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる